台湾造船公司の研究 植民地工業化と技術移転(1919-1977)

【楽天ブックスならいつでも送料無料】


台湾造船公司の研究 植民地工業化と技術移転(1919-1977)

楽天ブックス

8,800 円 (税抜き)

植民地工業化と技術移転(1919ー1977) 洪紹洋 御茶の水書房タイワン ゾウセン コウシ ノ ケンキュウ コウ,ショウヨウ 発行年月:2011年08月 ページ数:292p サイズ:単行本 ISBN:9784275009395 洪紹洋(コウショウヨウ) 1978年台湾台北生まれ。政治大学経済学研究科博士課程。博士(経済学)。成功大学ポスドク研究員を経て、日本学術振興会外国人特別研究員(東京大学社会科学研究所)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです) 序章 分析の視角/第1章 日本統治期および戦後初期の台船公司(1919ー1949年)/第2章 1950ー1956年の台船公司/第3章 公営事業の外部委託経営ー殷台公司期(1957ー1962年)/第4章 台船公司と石川島会社の技術移転(1962ー1977年)/第5章 台船公司の技術習得モデルと政府政策 台湾造船公司を事例に、台湾総督府時代の経済インフラや旧日系企業の遺産を初期条件として押さえ、日本統治時代の台湾船渠株式会社との継承関係を詳細に検討し、その成立および1950年代以降の発展過程においてどのように技術移転が行われ、その過程で政府による政策がどのような役割を果たしたのか、具体的に検討。 本 科学・技術 工学 その他

この商品の詳細を調べる


本・雑誌・コミック » 科学・医学・技術 » 工学 » その他
御茶の水 ショウヨウ 9784275009395 コウショウヨウ コウシ