コペルニクス的宇宙の生成(2) (叢書・ウニベルシタス)

【楽天ブックスならいつでも送料無料】


コペルニクス的宇宙の生成(2) (叢書・ウニベルシタス)

楽天ブックス

5,500 円 (税抜き)

叢書・ウニベルシタス ハンス・ブルーメンベルク 小熊正久 法政大学出版局コペルニクステキ ウチュウ ノ セイセイ ブルーメンベルク,ハンス オグマ,マサヒサ 発行年月:2008年07月 ページ数:433, サイズ:全集・双書 ISBN:9784588007620 ブルーメンベルク,ハンス(Blumenberg,Hans) 1920年ドイツのリューベックに生まれる(母はユダヤ人)。パダボルンとフランクフルトで哲学と神学を学ぶ。1950年キール大学で教授資格を取得。60年ギーセン大学正教授、この頃エーリヒ・ロータッカーの推薦でマインツのアカデミー会員となり、独自の“メタファー学”の構想を発表。65年ボッフム大学に移り、70年から85年に退官するまでミュンスター大学教授を務めた。クーノ・フィッシャー賞やドイツ言語文芸アカデミーのジークムント・フロイト賞を受賞。1996年死去 小熊正久(オグママサヒサ) 1951年新潟県生まれ。山形大学教授。哲学専攻 座小田豊(ザコタユタカ) 1949年福岡県生まれ。東北大学教授。哲学専攻 後藤嘉也(ゴトウヨシヤ) 1953年山形県生まれ。北海道教育大学教授。哲学専攻(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです) 第3部 初期の影響作用の類型論(犯罪者としての理論家/読者を惑わす好意の結末ーオジアンダー/宗教改革とコペルニクス主義/唯一の弟子の混乱ーヨアヒム・レティクス/コペルニクス主義のための殉教にあらずージョルダーノ・ブルーノ/真理を伴う経験ーガリレイ)/第4部 天は静止し、時間は進行する(古代の時間概念にとって天の運動は不可欠であった/古代の時間概念は中世にとって不適切であった/地球の完全な球形が古代的時間概念にとっての新たな条件となる/地球のゆがみと絶対時間) 西洋における宇宙像ないし人間と宇宙との関わりの変遷。第2巻ではコペルニクスに続く人々の系譜が扱われ、宇宙像の動向が新たに「時間概念」の局面から論考される。 本 人文・思想・社会 哲学・思想 その他

この商品の詳細を調べる


本・雑誌・コミック » 人文・地歴・社会 » 人文・思想 » 哲学・思想 » その他
ゴトウヨシヤ レティクス 不可欠 フィッシャー フロイト