光通信と光測定器入門講座 光測定器から見た光通信、測定原理と実践

【楽天ブックスならいつでも送料無料】


光通信と光測定器入門講座 光測定器から見た光通信、測定原理と実践

楽天ブックス

2,420 円 (税抜き)

光測定器から見た光通信、測定原理と実践 大谷昭仁 古川浩 電波新聞社ヒカリ ツウシン ト ヒカリ ソクテイキ ニュウモン コウザ オオタニ,アキヒト フルカワ,ヒロシ 発行年月:2006年03月 ページ数:226p サイズ:単行本 ISBN:9784885547997 大谷昭仁(オオタニアキヒト) 1961年福岡県生まれ。1984年宮崎大学工学部応用物理学科卒。1984年アンリツ株式会社入社、光応用、光通信用計測技術の研究に従事。2000年アンリツ株式会社研究所光短パルス技術プロジェクトチーム主幹研究員、超高速光波形観測基盤技術の研究に従事。2001年アンリツ株式会社メジャメントソリューションズデジタルコム事業部第2開発部プロジェクトチーム課長、光計測器全般の開発に従事。現在、アンリツ株式会社コアテクノロジーR&Dセンター光計測基盤技術開発部主幹研究員。次世代光計測基盤技術の研究に従事。電子情報通信学会、電気学会正員 古川浩(フルカワヒロシ) 1961年佐賀県生まれ。1982年熊本電波高専電子工学科卒業。1986年埼玉大学大学院修士課程修了。同年アンリツ株式会社入社、以後、光通信用デバイスや測定器の研究に従事。現在、同社コアテクノロジーR&Dセンター企画部課長。電子情報通信学会正員、IEEE会員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです) 第1章 光通信の概要(光通信はどこで使われている?/なぜ、光通信? ほか)/第2章 光通信用測定器(光源/光パワーメータ ほか)/第3章 光通信用測定の例(光受動部品の測定/光能動部品の測定 ほか)/第4章 光通信用測定器の校正と測定方法の標準化(光測定器の校正/光通信と測定法の標準化 ほか) 光計測器を通して知る!基本原理と実践的な光通信。光ファイバを使うとなぜ大量のデータを高速で伝えられるか。光通信ネットワークの中で文書・画像・データの伝わり方とその確認方法などを、計測器を通して実践的に解説。基礎知識・光測定器の原理・実践的測定例・校正と標準化技術等。 本 科学・技術 工学 電気工学

この商品の詳細を調べる


本・雑誌・コミック » 科学・医学・技術 » 工学 » 電気工学
オオタニ ヒロシ 9784885547997 コウザ フルカワ